目の病気について

花粉症について

花粉症とは

花粉症とは植物の花粉が原因で引き起こされるアレルギー反応により、目のかゆみ、目の痛み、目の異物感、目のかすみ、目の充血、目やにや涙が出る、まぶたが腫れるなどさまざまな症状が現れる病気です。

花粉症

原因

外から体に入ってきた異物を排除しようとして起こる
「免疫反応」がバランスを崩し本来無害であるはずの
植物の花粉に対して過剰反応し
アレルギー反応が起こることが花粉症の原因です。

予防策

  1. 1.花粉の飛散情報をまめにチェックし、飛散量が多い場合は出来る限り外出を避ける。

    外出時に目は鼻や口と違いマスクで隠す訳にはいきません。
    そのため、目は花粉が直接触れやすく鼻に比べ症状が出やすいと言われています。
    よって可能な限り飛散量が多い日は外出を避け、花粉に接しないようにしましょう。
    どうしても外出しなければならない場合は、出来る限り目への付着や
    体内への侵入を防ぐため眼鏡、帽子、マスクの着用を行いましょう。

  2. 2.アレルギー反応を引き起こす花粉の種類を事前に調べておく

    一言で花粉症と言いましても、原因となる花粉の種類は人それぞれで異なります。
    よって花粉症は春先だけでなく2月〜11月にも発症する可能性があります。

治療方法

  1. 点眼薬

    症状が現れる前から点眼を始めておくことで、
    花粉の飛散量がピークを向かえた際の症状を抑えることにつながります。
    場合によっては内服薬も処方いたします。
    詳しくはご相談ください。

よくあるご質問

質問

大人だけでなく子供も花粉症になるのでしょうか?

答え

以前は5〜6才位は花粉症になりにくいと言われていましたが、最近はお子様でも花粉症にかかるケースが増えているようです。

インフォメーション

いしざき眼科

〒562-0034
大阪府箕面市
西宿1丁目12番8号
みのおキューズモール
EAST3-2F

TEL/072-728-8366

アクセス情報はこちら